フコイダンとはどういった効果がある成分なのか

近年、日本人の中でもガンに罹患する人の数が増えています。ガンとはガン細胞が増殖して腫瘍化したもので、悪性腫瘍、あるいは、悪性新生物とも呼ばれます。
ガン細胞は、正常な細胞の遺伝子が、発がん性物質や外部からの放射線などの刺激を受けて傷つき、異常変異したものです。正常な細胞と違って異常な速度で増殖し、さまざまな臓器の機能を低下させます。
昔はガンは不治の病とも呼ばれていましたが、現代では治療技術が進歩し、治療法の選択肢も増えてきました。とはいえ、完治することが難しい場合も多く、難治性の病気であることには変わりありません。
ところで、近年、ガンの発生や進行を抑制する効果がさまざまな研究によって認められ、注目を浴びつつある健康食品があります。それがフコイダンです。

フコイダンとはどのような食品なのか

さて、このフコイダンとはどのような食品なのでしょうか。まず、フコイダンは、コンブやワカメ、モズクなどの海藻類に含まれる物質です。コンブなどの海藻の表面にはヌルヌルとした粘液状の物質がたくさん存在していますが、このヌルヌル物質にフコイダンが多く含まれています。
また、フコイダンは、分子量が非常に大きな物質で、平均分子量は20万を超える高分子物質です。
これほど大きな分子量の物質は、そのまま口から摂取しても人間の体内では吸収できず、体に取り込むことができません。人間の体内で吸収できる物質の分子量は、高くてもせいぜい3000ぐらいです。そこで、フコイダンは、製造段階で特殊な処理を行うなどして、分子量を500~1000程度まで低くした状態で提供されるのが一般的です。

フコイダンのガン抑制効果とは?

フコイダンに認められているガン抑制効果は、大きくは2つあります。まず1つめは、アポトーシス効果です。先にも触れましたが、ガン細胞は、正常な細胞とは異なり、非常に速いスピードで分裂・増殖します。
このガン細胞に対して、フコイダンは、一定期間経過後に自然に死に至らしめる特殊な作用を示します。これがアポトーシス効果です。この効果により、ガン細胞の増殖スピードを低下させ、ガンの進行を抑えることできるのです。
フコイダンのもう1つの効果は、免疫機能強化です。人間の体内には、ガン細胞を発見すると速やかに攻撃して消滅させる免疫細胞が存在します。健康な人の場合はガン細胞が発生してもすぐに免疫細胞によって退治されるのですが、加齢や病気などにより免疫力が衰えると、ガン細胞の増殖に打ち勝つことができなくなります。
この免疫機能を強化することにより、ガン細胞の増殖に負けない攻撃力を得ることができるのです。